ゲーム 写真 ポイント ピンク ユニーク ジャパン イングランド ドイツ バートン パートナー
So-net無料ブログ作成

なでしこJドロー同点ゴールの川澄 [サッカー]

ピンクのJ、引く--ゲキサカ「よいゲームは実行することができた」レスポンスおよび平衡装置[Kawasumi]写真の6月26日(水)の23:58分配:
ゲティー・イメージ(ゲキサカ)
[6.26の国際親善ゲーム日本女性表現、1-1イングランド女性表現バートン・アポン・トレント]日本の女性表現(なでしこジャパン)は、26日の敵国のイングランド女性表現に対するマッチをプレーし、1?1で、引分けビームです。
41分で前半のポイントを失ったのはピンクでしたが、それは後半に31分間タイでMF川澄奈穂美のゴールをつかもうとしました。
なでしこジャパンはこの後にドイツの中へ入り、29日にドイツの女性表現および親善試合を保持するでしょう。
それは金銭の値ロットのゴールでした。
FW大野忍が31分間後半のセンターの中で上げられる場合、それは左側から飛び込んで来た川澄へのパスを通じてあります。
川澄はゴールへつがれて、右脚によって落ち着き、同点シュートをとりました。
「立っているもののバター・バターは実行されました。
私は、それはポイントを失った反射だったが次のものと関係があったよいゲームは作られたと思います。」
それは、さらに充満の表現を備えた引分けの結果に答えました。
さらに、Norio佐々木ディレクターが勝利にどれをさらに得させたかの中の11年のワールドカップは、ユニークに敗北したパートナーに追いつく1?1引分けの結果を評価しました。
「1、前半から行うことができるようになりたい。
それは今日すべてをしばしばしたと私が思うので、選手の問題は評価されました。」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。